FC2ブログ
チャー坊の夢 : アイリッシュ・セターチャー坊の病気とケガ克服ブログ

チャー坊が三好さんの庭に居る。
三好さんの庭にはなぜか木が全く無くなり、広々としている。

そこでチャー坊は高校生位の子たち5~6人に囲まれ、かわいがられている。

私がリードをもって行ってそっと首輪につなぐ。
チャー坊の首と背中の毛はやわらかく少しさらさらしていて伸びっぱなしという感じでなく、僅かにサマーカットを施されている。

落ち着いたところでどうしてまたチャー坊と歩いているのか?考える。
確かにチャー坊はいなくなっていたはずだが…
しかし、今こうして犬と歩いている事実の方が私にとっては絶対になる。
そしてその高校生と話している内にこの犬君は何歳と聞かれる。
私は『23歳なんだよねー』と答える。

23歳ということがあったっていいんだよねと強く思う。



◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : チャー坊の夢

チャー坊を獣医に連れていくのに、一緒にタクシーに乗っている。
運転するのがペットハイヤーさんでないのは理由がある。
夢の中では、チャー坊をヤモリくらいの大きさに縮小できることになっている。
しかし小さくなっても活動的なところは変わらない。

掌に乗る大きさであのすばしっこさなので飛び出さないように、細心の注意を払い、柔らかい袋に入れている。
何度ももう少しだからね。と声をかけながら連れて行こうとしている。




◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : チャー坊の夢


チャー坊を外につないでいたらしい。
あわてて家に入れると今度はなぜか絨毯をちぎっている。
チャー坊の身体も濡れているので、熱いお湯で絞ったタオルでふく。
次から次へと世話の焼けるいつもの大きな犬であった。




◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : チャー坊の夢

お客さんが来る。
私と一緒にチャー坊が玄関まで出ていくが、
開いたドアから外へ出ていったりしないのを見て、
お客さんは、チャー坊をほめる。




◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : チャー坊の夢

車を呼ぶ。
チャー君がタクシーに乗ると、ところで、チャー君お金持って行ったかなと心配になる。
すっかり人間のようなチャー坊であった。




◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : チャー坊の夢